終活をする際に遺言書は作成した方が良いのでしょうか。 遺言書で何が残せるのでしょう

終活と遺言書について詳しく

終活とは

そもそも終活とは何なのでしょうか。
私の勝手なイメージとしては身辺整理です。
人生を全うしたあとに周りに迷惑をかけないためのものと思っていました。

実際に終活を調べてみると私のイメージも当てあまりますが、大きくは残りの人生を楽しく過ごすためのものでした。
身辺整理を済ませて見のまわりをスッキリさせて残りの人生を謳歌するというものです。
終活とは終わる人生のために行うものではなく、残りの人生を楽しく過ごすためのものだったのですね。
いままでやってみたかったことにチャレンジしたり、行きたいとこに行ったりするための片付けを終活というのですね。

その終活のやり方も人それぞれのようです。
あとで詳しくご説明いたします。

遺言書とは

遺言書と聞くと私のイメージはお金持ちの人が財産を残すものという感覚です。
終活をするにあたり遺言書も残せるもののひとつでしょう。
この遺言書についても調べてきました。

遺言書で法的効力を持ち残せるものとは大きくわけて3つです。
まず、財産です。
誰か家族に分けえるのか、mしくはどこかの団体に寄付するのかといったところです。
自分がなくなった後の財産の処理を書き残せます。

次に相続です。
財産などを相続させたい人の指定ができます。
虐待などで「相続抹消」とし、相続関係から外すこともできます。

最後に身分についてです。
愛人の子供の認知や後見人の指定ができます。
その人の身分や生活の位を保証することができるということです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る